みつろぐ

やれることはやってみる

コロプラを退職しました

新卒で入社した株式会社コロプラを、3月31日で退職しました。

ちょうど3年間在籍していたことになります。

やったこと

サーバーエンジニアとして、4つのプロジェクトの運用と開発に携わっていました。

1つ目のプロジェクトは WebView と ネイティブアプリ を組み合わせたアプリで、通信APIの実装だけでなくゲーム画面としてのWebページを作っていました。 またエンジニアの作業とは別にイベントの仕様に関わったりもしていました。

2つ目のプロジェクトでも通信APIの実装を担当しました。
このタイミングで使用するフレームワークZend Framework から Laravel へ移行することが決まっていて、これまでのやり方では対処が難しい事象をどう解決するかの議論をしたことがとても印象深く残っています。

3つ目のプロジェクトでは通信APIの実装とフレームワークの移行関連サポート、たまにクライアントのお手伝いもしていました。
ここでは特殊な事情によりリモート業務を経験できたり、AWSGCP の切り替えや、リリースまでの数か月で VM → GKE と MySQL → Spanner の移行など、チームとしてスムーズに進めるにはどうするかを考えることが多かったです。

最後のプロジェクトはジョインのタイミングで退職の意思が決まっていたので、主に2つ目と3つ目の経験値を還元する形で仕事をしていました。

その他、入社した当時は全社的にナレッジを共有する文化がなかったことから、同期のエンジニアに声をかけて勉強会を隔週で開催したり、Spanner移行のために誕生したサーバー基盤チームと呼ばれる部署のお手伝いをこそこそとやっていたりしました。

なんで辞めるの?

表向きな理由としては、担当プロジェクトの区切りが良かったこととやりたいことができたためとしています。
これは嘘をついているというわけではなく、自分自身の中で明確に文章化できているものがこの2つしかないというだけです。

この3年間で入社時には考えられなかったほど、技術スタックは大きく変化しエンジニアとして挑戦しやすい環境へ変化したように思います。これについては Developers Summit 2019 で部長が話をしていたりします*1
その一方で組織全体として変化があり、結果として人の流れや情報の流れ、お金の流れといった色々な流れが徐々に私が求めるものと違ってきていることを感じていて、前述したような2つのことが整理できたら辞めようと思っていました。

最後に

前述したような個人的な引っ掛かりを除けば、技術スタックの変化を体験できて非常に楽しい環境でした。もちろん、それが原因で悩むこともありましたがその分成長することができました。

お世話になった上司や同僚、たくさんの同期に感謝を🙏

f:id:Mitu217:20190308185430j:plain

いつでもAffectionな気持ちになりたい

これはゆゆ式AdventCalendar 2016 11日目の記事になります

本AdventCalendar初日にid:esuji5さんが取り上げてくださっているように新作OVAが2月22日に発売が決定、新OP/EDとキャラクターソングアルバムに加えてイベント開催決定と来年もゆゆ式な1年になると思うと胸が熱くなります。
d.hatena.ne.jp


さて、ゆゆ式といえばOP「せーのっ」で五臓六腑に染み渡る津田さんの歌声もいいですが、個人的にはすべてを忘れて脳汁だけが流れ続けるED「Affection」も好きです。
「せーのっ」を拝聴し続けるとすぐに歌いそうになってしまうため、今回はいつでもAffectionな気持ちになれるツールを作ってみました。
f:id:Mitu217:20161211220021p:plain

画面右下に表示されるデスクトップアイコン的なアプリとなっているため、少し容量は思いですがぜひ使ってみてください。zipファイルを解凍してでてきたAlwaysAffectionというファイルが実行ファイルとなります。
AlwaysAffection


以下は作成記録です。NW.jsの導入方法やビルド方法については今回触れません。

  1. まずはAffectionを拝聴しながら素材をゲットします

f:id:Mitu217:20161211220837p:plain

  1. いい感じにGIFへ編集します。今回はあまり時間がなくPhotoShop先生に頼りきってしまいましたので、あとで調整したい…

f:id:Mitu217:20161211221022g:plain

  1. NW.jsでGIF画像を表示するだけのアプリを作ります
{
	"name": "AlwaysAffection",
	"main": "index.html",
	"version": "1.0",
	"window": {
			"width": 200,
			"height": 250,
		"icon": "icon.png",
		"transparent": true,
		"toolbar": false,
		"frame": false,
		"always_on_top": true,
		"show": false
	}
}
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>いつでもAffection</title>
</head>

<style>
html {
  height: 200px;
  width: 200px;
}
body {
  margin: 0;
  height: 100%;
  width: 100%;
  background-color: rgba(0, 0, 0, 0.0);
  color:#fff;
  -webkit--app-region: drag;
}
.content {
  position: absolute;
  bottom: .25rem;
  right: 0rem
}
</style>

<script>
  var gui = require('nw.gui');
  var win = gui.Window.get();
  win.moveTo(
    window.screen.availWidth - win.width,
    window.screen.availHeight - win.height
  );
  win.show();
</script>

<body>
  <div class="content">
    <img src="Affection.gif" width="200" height="200" border="0" align="center" hspace="10" vspace=10 loop=infinite ondragstart="return false;"  oncontextmenu="return false;">
  </div>
</body>
</html>
  1. あとはビルドをして実行すれば完成!

f:id:Mitu217:20161211221909p:plain


動きがそこまで激しくないため常に表示しても邪魔に感じないので、さすがゆゆ式というところです。


雑な記事になってしまいましたが、以上となります。
明日はid:masaybloveさんで4コマ漫画を書いてくれそうな雰囲気で非常に楽しみです。よろしくお願いいたします。

コメント付きゆゆ式アイコンを作れるツールを作ってる話

この記事は ゆゆ式 Advent Calendar 2015 - Adventar 12日目の記事です。

 

漫画&アニメの各種ネタの検証やイラスト投稿が多いこのゆゆ式AdventCalendarですが、初日以来のプログラム系です。可愛いイラストとか描けなくて申し訳ない気持ちです。

 

ゆゆ式BD-Boxはゆゆ式Blu-rayで楽しめるということはもちろんのこと、同梱されている設定資料集や台本の破壊力が高い。自分は鼻血を出しながら2日かけてじっくり読みこんでしまいました。それらの紹介については2日目の記事を御覧ください。

shunozo.hatenablog.com

 

また私事ですが、現在絶賛卒業研究中ということで辛い辛いと言いながら過ごす日々を送っております。しかし、作業の傍らでゆゆ式を流しておくことでなんと作業効率が120%になるらしいのです!!(※効能には個人差があります)

研究真っ盛りな大学生にはぜひおすすめな一品です!!

 

ゆゆ式 Blu-ray BOX

ゆゆ式 Blu-ray BOX

  • 発売日: 2015/11/26
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

ふぅ…

さてここから本題になりますが、まずは成果物を置いておきます。

 

ゆゆ式アイコンツール

f:id:Mitu217:20200418013743p:plain

 

どんなやつ?

  • ゆずこ/縁/唯から好きなキャラを選んで画像を作れる。
  • 好きなコメントを打てる。
  • 画像として保存したりTwitterで共有したりできる。(Twitterで認証が必要) 

なんで作った?

  • ブルーレイ届いたしアカウントのアイコン変えるか…
  • どうせなら鑑賞しながら考えよう…
  • (鑑賞中)この表情めっちゃ好き…
  • (半分ぐらい作ったところで)あ、これコメント入れられるようにしたら最高…

だいたいこんな流れ(つまりテンションと勢い)

実装について

  • 画像のベースはIllustratorでパスをポチポチして作成。
  • キャラクターの表情は完全に私の好み。
  • アプリ自体はSinatraで作成、初めてレスポンシブなwebページ作った。
  • Twitter認証はOmniAuthでやってます。楽ちん
  • 画像生成部分はRMagickを使って実装。描画元の画像を指定してコメントの内容と位置さえ指定すればOK。これも楽ちん。

感想

  • ゆずこ/縁/唯の三人しか実装できてないのは大変申し訳無い。絶対追加する。
  • 個人的に表情とか自由に変えたいので目とか眉とかパーツごとに指定できるようにする予定。
  • その他、欲しい機能面白そうな希望はTwitterやらで教えてくれると助かります。
  • 面白いネタ考えて盛り上げてくれ!! 

 

おまけ1

今回作った者のコア部分を流用して、自分のTwitterアカウントのアイコンが自動的に変わるようにもできます。

 

f:id:Mitu217:20200418013948p:plain

これが

f:id:Mitu217:20200418013956p:plain

これで

f:id:Mitu217:20200418014005p:plain

こうなります

 

おまけ2

今までDVD版しか持っていなかったことからBlu-rayを手に入れた喜びから、時空の歪みを発生させてラズパイでゆゆ式が無限に再生される装置を作りました。時空の歪みの影響で画像は載せられませんが、モニタの電源をつけたらゆゆ式が流れている喜びは半端ではありません。

元ネタは 作る: アマガミSSテレビ - The Great Underground Home Page